Core i7-8700KはOCで常用5.0GHz!

Posted: 2017年11月13日 カテゴリー: 自作物, 雑学, PC

※オーバークロックは保証対象外の行為です。すべて自己責任で行ってください。

というわけで8700Kのオーバークロックをやってみました。
掲題から察する通り、条件はありますが5.0GHzへ比較的簡単に到達できます。

数年前なら「液体窒素冷却しないと5.0GHzは無理でしょ?」という世界観だったのに……


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

各マザーボードメーカーのUEFI上で、4.8~5.0GHzまでは自動のOC設定項目が準備されています。
それを使えば初心者でも難しいOCを簡単にできます。
ただし5.1GHz以上のOCは、従来通りのクロック数と電圧値の手動調整になります。

例)GIGABYTEの場合
 [M.I.T.] ⇒ [Advanced Frequency Setting] ⇒ [CPU UPGRADE]で5.0GHzを選択。

OCする際は必ずクロック数を小刻みに上昇させて、目標クロック値を目指してください。
またOCできても常用には程遠いPC環境もありますのでご注意ください。

とりあえず以下の項目はクリアしておくこと。

・高い冷却性能を持ったCPUクーラー (大型水冷機構や240mm以上の簡易水冷など)
・高熱伝導率のサーマルグリス
・オーバークロック耐性を謳っているマザーボード
・運

最後は運が絡みます。虚しいですが絡みます。

さてお待たせしました。
5.0GHzにオーバークロックした際のベンチマークを掲載しておきます。

・「Windows10 エクスペリエンス インデックス」

 
 
 
 
 
 
定格動作と比較してプロセッサとメモリのサブスコアが0.2上昇しています。
 

・「PCMark10」

 
 
 
 
 
こちらも定格動作と比較するとスコアが800近く上昇。
 

・「UserBenchMark」
結果サイトはコチラ
UserBenchmarks: Game 116%, Desk 105%, Work 106%
CPU: Intel Core i7-8700K – 125.7%
GPU: Nvidia GTX 1080 – 121.9%
SSD: Samsung 750 EVO 250GB – 85.2%
HDD: WD Blue 3TB (2015) – 54.9%
HDD: WD Blue 1TB (2012) – 75.3%
RAM: Corsair Vengeance LPX DDR4 3000 C15 4x8GB – 98%
MBD: Gigabyte Z370 AORUS Ultra Gaming

・「ファイナルファンタジー XIV」

 
 
 
 
 
定格時よりも2200上昇して、祝☆20000越えスコア達成!
 

・「ドラゴンズドグマ オンライン」

 
 
 
 
 
こちらもFFと同じで順当に2000ほどスコア上昇しています。
 

・「Intel Extreme Tuning Utility」

 
 
 
 
 
 
 
 

どうやらCPUの冷却性能が十分ではないらしく、100%Load時の瞬間最大温度が91℃と常用には危険な値。
ですがHWiNFO64の値では80℃を示しているので、Core温度とPackage温度の違いが出ています。

一応、温度変化は室温24℃で、
 定格動作: アイドル時「40℃」 / Load100%時「61℃
5.0GHz動作: アイドル時「46℃」 / Load100%時「82℃

重い処理を連続稼働させなければ、常用5.0GHzは維持できそうに思えます。
グリスを見直してみるのもありかもしれません。

今日の詞情
「オーバークロックの世界ギネスは2014年のAMD FX-8370の8.72278GHz」

————————————————————————————–
最終更新日: 2017年11月13日

広告

コメントは受け付けていません。