実はPCをバージョンアップ

Posted: 2017年11月12日 カテゴリー: 自作物, 雑学, PC

皆様、ご無沙汰しております。

不定期更新過ぎるブログと化した当サイトですが、
当方の趣味の1つ、自作パソコンについて掲載したいことがあるので、
久しぶりにブログに向かってキーを打ち鳴らしています。

実は2016年末である12月、メインPCのコアパーツ群を交換し、
この1年すでに運用していました事をご報告させていただきます。

え、AMDの逆襲”Ryzen”の登場? Intelの反撃”第8世代Coreシリーズ”が登場?
スミマセン ワカリマセン、本投稿はそれ以前のお話です。

さて交換した部品がコアパーツ群と記述しましたが、
実際にはOS刷新を含めたほぼ新PCの自作です。

対象は、
『CPU』『マザーボード』『メモリ』『SSD』『HDD』『電源装置』『モニター』
『サウンドカード』『光学ドライブ』『CPUクーラー』『OS』

簡単に言えば、グラフィックボードとPCケース、インターフェース関連以外は総交換です。

基本テーマはWindowsの更新「7 (32bit) → 10 (64bit)」です。
もうね、Windows10(64bit)がゲーマーのワールドベースなのは仕方ないのです。

それではさっそく購入した各パーツの紹介です。

————————————————————————————————————–

OS: Microsoft Windows 10 Home 日本語版 (64bit)

 
 
 
 

CPU: Intel Core i7-6700 (4Core , 3.4GHz , HyperThretingあり)

 
 
 
 

CPU Cooler: LEPA LPWAC240-HF

 
 
 
 

M/B: GIGABYTE Z170X-UD3

 
 
 
 

Memory: PC4-17000 DDR4-2133
     Corsair VENGEANCE LPX (8GBx2)

 
 
 
 

SSD: SAMSUNG SSD 750 EVO (250GB) / システムドライブ用
HDD: WD30EZRZ (3TB , WD Blue 5400RPM Class) / データドライブ用

 
 
 
 

Power: Antec NeoECO Classic NE650C (650W , BRONZE)

 
 
 
 

Drive: Pioneer BDR-209BK/WS2 (Blu-rayドライブ)

 
 
 
 

SoundCard: Creative SoundBlaster ZxR

Monitor: BenQ ZOWIE XL2411 (24型TN液晶 , 144Hz駆動)
     Acer KG240bmiix (24型TN液晶)

————————————————————————————————————–

その他の構成は以前と変わらずなので割愛しますが、
同じHTありのコア数でも、初代Corei7と第6世代Corei7では全く違う性能ですね。

ベンチマークテストとして「Windows10 エクスペリエンス インデックス」と「PCMark8」の結果を掲載します。

・「Windows10 エクスペリエンス インデックス」

 

 

 

 

・「PCMark8」

 

 

 

 

 

 
まぁ最近のゲーム要綱の最低動作スペック以上、推奨環境未満といった結果です。
(グラボが6年前のHD5870じゃ無理もない…)

とにかく目的はwindows10仕様と64bit化だったので満足です。
膠着状態でしたが、2017年はPCパーツ業界の重い腰が動いている年なので楽しいです。

今日の詞情
「メモリの3.2GB限界から解放された…。3GBスイッチよ、ありがとうさようなら」

————————————————————————————–
最終更新日: 2017年11月12日

広告

コメントは受け付けていません。