XIGNCODE3とは

Posted: 2013年3月7日 カテゴリー: PC

XIGNCODE3
読み方: ザイオンコード スリー
原産国: 韓国(Wellbia.com Co., Ltd.)

XIGNCODE3はオンラインゲーム向けのセキュリティソフトの1つです。
セキュリティソフトと言ってもユーザーに対してではなく、開発・運営側がユーザーの使用状況を
監視するためのソフトといった方が適切です。

主に不正アクセス、不正ツール使用、プログラム改ざん、等の不正行為の防止を目的に導入されていて、
このXIGNCODE3も同系のソフトで、日本でもオンラインゲームを中心に導入されています。

導入している企業
「GameOn」
「Gamepot」
「Nexon」
「CJ INTERNET JAPAN」
「NHN JAPAN」
「Gamania Digital Entertaiment」

国内のゲームタイトルとしては、
「Alliance of Valiant Arms」
「ガンダムオンライン」
「Sudden Attack」
「スペシャルフォース2」
「デカロン」
「TERA」
など。

XIGNCODE3の特徴は不正行為防止だけでなく、VPN検出・遮断機能なども備えているため
不正な海外接続ユーザーに対しても抑制が期待されているソフトです。

XIGNCODE3の主な特徴

・DirextX改ざん、不正呼び出し検出
・WDDMドライバ改ざん検出
・時間関連の関数(タイムサーバー・ローカル時刻含む)改ざんの検出
・DLLイジェクション検出
・Win32 API系ハッキングツール(亜種含む)のブロック
・複数実行(多重起動)の検出
・ソフトウェアとハードウェアのマクロ検出
・違法システム(MACアドレス・ユーザーアカウント・ハードウェア)のブロック
・VPN接続の検出とブロック
・仮想環境での実行の検出
・ゲーム内情報の改ざん、不正な関数実行の検出
・ゲームプロセスの監視とブロック

上記にもあるVPN接続の検出は、ほぼリアルタイム検出しています。収集した情報内訳は、

・アクセス・実行・重複カウント
・サーバー接続数
・地域ごとの実行頻度
・ゲームプレイ時間頻度
・使用OS、未知のハードウェアデバイスの使用
・ハッキングツール検出数とそのランキング(国またはユーザー単位)
・ハッキングツール使用検出の統計(IP別・システム別・科目別)

XIGNCODE3はゲーム起動時にファイルチェックを行うため、起動時は動作が重くなります
ディスクアクセスが活発になる為、インストール先のHDDが低速な場合は注意が必要です。

これは企業がユーザー側を監視するためのソフトウェアですが、
また同時に公平性の向上、正規ユーザーが不正被害にあわない様にする為のソフトでもあります。

悪意あるソフトウェアではありませんが、ゲームインストール時に自動導入されてしまうので、
不安な方は一考することも重要だと思います。

————————————————————————————–
最終更新日: 2013年03月07日

広告

コメントは受け付けていません。