メモリ1枚容量が8GBへ

Posted: 2011年9月12日 カテゴリー: PC

遂にPCのメモリ1枚の容量が8GBに到達しました!

これにより各PCに搭載可能なメモリの最大容量が変わってきます。
今までは4GBが最大でしたがこれにより、

M/Bのメモリスロットが2スロット(Mini-ITX等)なら16GB、
4スロット(ATX,Micro-ATX等)なら32GB、
特殊な8スロットなら最大64GBまで搭載可能になります。

メモリをより多く搭載すれば、動作の高速化・安定化はもちろん、
複数の作業をこなす為の領域も十分に確保できるようになります。

また空き容量にはRAM DISKを構築する領域も構築しやすくなります。

ただ8GBメモリはどんなPCにも恩恵があるわけではありません。

・64bitのOS環境下でないと3.2GBまでしか認識しない。
・現行、メモリ動作クロックが1333MHzのみの商品しかない。

大半のユーザーは32bit(x86)を使っていると思います。
なので8GB以上をフルに利用したい場合は64bit版のOSをインストールするしか道が無い状況です。

最近の32bitのPCはメモリを常時1~2GBは消費して、実際の空き容量として使えるのは1.5GB前後です。
これでは少し重いアプリを一つ起動しただけで限界になってしまうようなものです。
(そのため昔から仮想メモリという機能があるのですが・・・)

それに対し64bitのPCなら今後、最大で192GBまでメモリ搭載が可能なので将来性が高いです。

32bitから64bitへの転換が更に浮き彫りになる予感がします。

今日の詞情
「64bitを推奨してる私は未だ32bit・・・」

広告

コメントは受け付けていません。