uLilithの自作FACE

Posted: 2011年9月10日 カテゴリー: 自作物, 音楽, PC

久しぶりに音楽関連の話です。

以前にサウンドカードと一緒に、サウンドプレーヤーについて部分的に書きましたが、
今回はその中でも、「Lilith (リリス)」についてです。

以前の参考ブログはこちらへ。

正式名称「Sound Player Lilith for Unicode OSs」で、通称「uLilith」と言います。
間違えやすいのは旧バージョンのLilithとは異なるという点で、後継のフリーソフトに当たります。

uLilithでは、Unicodeベースアプリケーション対応で多国語対応となり、Windows XP, 2000,
Vista, 7で動作し、64bitにも対応しています。もちろん、foobar2000やWinampと同様、ASIOドライバに対応しています。
音楽ファイルのコンバータ機能も内蔵しているので、音楽ファイル変換も楽に可能です。
また国産音楽プレーヤーでは、初のレイヤーウィンドウ対応による高度なUI表現を実現しているため、
ユーザー側に自由度の高いFACE(SKIN)の作成が可能になっています。

※ FACEとはプレーヤーの外観ウィンドウのことで、別ソフトでいうSkin(スキン)と同等のもの。

そのためネット上では有志作成の様々なFACEが公開されていますが、
今回は私も諸事情により、FACEを自作してみようと思い立ちました。

——-諸事情——-
「Windows VistaにあったWindowsMediaPlayer11(WMP11)。あれはツールバーにWMPをミニモードで
格納できる機能があった。」
「Windows7のWMP12では無くなってた。便利な部分もあったから似たような機能のある?」
「Vista内のWMP11でwmpband.dllが手元にあれば、Windows7のWMP12でも再現可能。」
「残念ながらdllファイル無し。」
「なら代替プレーヤーで再現できないか?」
「自作するしかない。」
——説明終了——

というわけで、過去に個人向けに自作した経験のあるLilithで作成しようと思いました。
(過去の自作は旧LilithのFACEで、uLilith版の作成は初めて!)

【準備物】
 ・ペイントツール(Windowsペイントのみでも可能)
 ・背景やボタンなどの画像ファイル群(PNG)
 ・メモ帳(iniに変換)
 ・曲名や時間、ボタン動作などを指定するコマンド群
 ・完成までの根気

 ・uLilith本体 (当然ですねw)
 ※ ダウンロードはこちら。(IDとPASSを求められるが、入力単語も表示される)
 ※ x64(64bit版)とx86(32bit版)があります。CPUがIntel Core2以上(SSE3搭載)ならCore2版を。

作成手順の詳細は省きます。

各画像パーツを作る ⇒ メモ帳にuLilith用設定コマンド文(英文)を入力 ⇒ 合体 ⇒ テスト ⇒ 微調整 ⇒ 完成。

ツールバーっぽいものを考慮してバー形式のFACEに。
そうして完成したものが↓になりますw

縦幅は最小に抑える反面、横幅は広く使い、基本的な機能は使えるようにしました。
ただ、モニタ解像度が1920x1080pxのデスクトップを想定していたため、FACEの種類もサイズも多様化し、
結果、
 『1600 x 25 px』『1680 x 25 px』『1920 x 25 px』『2048 x 25 px』 ※各フォントカラー6色仕様

最終的に24パターンを作成。(最後の2048はオマケですw)
肥大化する度、機能が拡張されていますw

完成したFaceは下記のリンク先にアップロードしました。

メリットとしては、uLilithを最前面表示ONにすれば、IEなどのウィンドウを全画面表示しても邪魔にならず、
プレーヤー操作のために、いちいちウィンドウを動かす手間が省けます。

↓デスクトップ上部に配置した場合、↓

↓こんな感じ。↓

デスクトップ下部に配置しても問題ありません。
(タスクバーへの格納・上乗せ表示はできません)

使用・操作方法は至ってシンプルですが、分かりにくい箇所は同梱した説明書を読んでください。
(基本的にはプレーヤーの各所にマウスカーソルを合わせればヒントチップが表示される仕様)
バーのサイズ変更は、左端の♪アイコンをクリックで「フェイスの変更」から指定しますが、
文字色の変更は、

をクリックすれば6色が順次に変更される仕様です。


この辺りで力尽きました……。

今後、余力があればプレイリストウィンドウ辺りを改変してみようかと思います。

今日の詞情
「自作する喜び、モノ作りはやっぱり楽しい!」

最終更新日:2011/09/10

広告

コメントは受け付けていません。