仮想メモリ

Posted: 2011年7月11日 カテゴリー: PC

仮想メモリとは、

仮想メモリとは、大量のアプリケーションを起動したりしてメモリが足りなくなった場合、
HDDをメモリ代わりに使う仕組みの事で、その予約領域のことをページファイル(pagefile.sys)と呼びます。

実際のメモリと比較すると、読込・書込速度ともに大幅ダウンしてしまいますが、メモリの少ないパソコンにはこれがあるお陰で
アプリケーション動作がメモリ不足にならずに済みます。

広告

コメントは受け付けていません。